◉会社概要

 設立年月日

 社名

 代表者

 本社所在地

 

 事業内容

 

 資本金

 従業員

1950年9月1日 (株式会社 特殊細線研究所)

株式会社 トクサイ  (TOKUSAI TungMoly Co., LTD.)

外岡 幸隆

〒940-1164 新潟県長岡市南陽1-1027-6 >アクセス

TEL. 0258-22-2171  FAX. 0258-22-2180

各種金属および各種合金の伸線加工

伸線・加工品の製造・販売

33.5百万円

90名 (2017年1月現在)

◉会社沿革

 1950

 1956

 1967

 1971

 1973

 1984

 1990

 1991

 1997

 1998

 2000

 2003

 2009

 2012

 2016

 現在に至る

東京都品川区で創業  株式会社 特殊細線研究所

大田区に矢口工場

同 東蔵王工場

長岡市に寿町工場

東蔵王第二工場

長岡市南陽 新工場移転

東蔵王工場増築

社名変更 「株式会社 トクサイ」

長岡工場増築

ISO9002 認証取得

ワイヤー加工製品、新素材応用への取組み開始

WMo線・ピン棒・クラット製造開始

長岡に本社業務を統合

エントランスをリニューアル 創業から現在そして未来へ続く製品をご紹介

ISO9001 認証取得

 

◉経営理念

 

株式会社トクサイは人間尊重の立場に立って顧客、協力会社、

従業員並びにその家族を大切にすることを基本として、

トクサイの持つ細線技術のより高度化、先端化、応用化を追及し続け、

世の中の人々に光のある豊かな生活を提供することをめざします。

 

◉経営方針

 

1.  顧客第一、消費者志向に徹する。

2.  国際視野にたって企業経営を行う。

3.  社員に自己実現の場を与え、資質を最大限に発揮させる。

4.  伝統あるシステム技術を駆使し時代の先取りを行う。

5.  公害並びに災害をなくし自然との調和をはかる。

6.  公正な利潤を確保し、株主・社員および社会に報いる。

 

◉社長メッセージ

 

社名のトクサイという名の起源は、特殊細線研究所にあります。

独自の技術で味付けされた極細線伸線加工技術が、

脈々とDNAとして現在に受け継がれています。

用途としてランプという生活に密着した製品に始まり、

半導体・電子部品・各種産業機器・宇宙・医療へと裾野を広げて参りました。

技術的には伸線から発展し、更に表面処理・部品加工へと進化を続けています。

今後も基盤産業から先端産業までキーマテリアルとキーコンポネンツで

長岡の地から皆様のお役に立てる企業として成長して参ります。

 

株式会社トクサイ 代表取締役

外岡 幸隆

 

◉紛争鉱物に対する考え方

 

トクサイは人道的な観点から、コンゴ民主共和国及びその近隣周辺地域で産出された

紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、錫)を使用しない方針です。

調達取引先に対してはEICC紛争鉱物報告テンプレート(EICC/GeSI様式)を

用いて紛争鉱物の使用状況や製錬所調査を継続的に実施しております。

 

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCQEZeqRYZY6wbulUQM8fehQ TOKUSAI logo

© 2017 TOKUSAI TungMoly Co., LTD.  All Rights Reserved.

◉会社概要

 設立年月日

 社名

 代表者

 本社所在地

 

 事業内容

 

 資本金

 従業員

1950年9月1日 (株式会社 特殊細線研究所)

株式会社 トクサイ  (TOKUSAI TungMoly Co., LTD.)

外岡 幸隆

〒940-1164 新潟県長岡市南陽1-1027-6 >アクセス

TEL. 0258-22-2171  FAX. 0258-22-2180

各種金属および各種合金の伸線加工

伸線・加工品の製造・販売

33.5百万円

90名 (2017年1月現在)

◉会社沿革

 1950

 1956

 1967

 1971

 1973

 1984

 1990

 1991

 1997

 1998

 2000

 2003

 2009

 2012

 2016

 現在に至る

東京都品川区で創業  株式会社 特殊細線研究所

大田区に矢口工場

同 東蔵王工場

長岡市に寿町工場

東蔵王第二工場

長岡市南陽 新工場移転

東蔵王工場増築

長岡工場増築

ISO9002 認証取得

社名変更 「株式会社 トクサイ」

ワイヤー加工製品、新素材応用への取組み開始

WMo線・ピン棒・クラット製造開始

長岡に本社業務を統合

ISO9001 認証取得

エントランスをリニューアル 創業から現在そして未来へ続く製品をご紹介

 

◉経営理念

 

株式会社トクサイは人間尊重の立場に立って顧客、協力会社、

従業員並びにその家族を大切にすることを基本として、

トクサイの持つ細線技術のより高度化、先端化、応用化を追及し続け、

世の中の人々に光のある豊かな生活を提供することをめざします。

 

◉経営方針

 

1.  顧客第一、消費者志向に徹する。

2.  国際視野にたって企業経営を行う。

3.  社員に自己実現の場を与え、資質を最大限に発揮させる。

4.  伝統あるシステム技術を駆使し時代の先取りを行う。

5.  公害並びに災害をなくし自然との調和をはかる。

6.  公正な利潤を確保し、株主・社員および社会に報いる。

 

◉社長メッセージ

 

社名のトクサイという名の起源は、特殊細線研究所にあります。

独自の技術で味付けされた極細線伸線加工技術が、

脈々とDNAとして現在に受け継がれています。

用途としてランプという生活に密着した製品に始まり、

半導体・電子部品・各種産業機器・宇宙・医療へと裾野を広げて参りました。

技術的には伸線から発展し、更に表面処理・部品加工へと進化を続けています。

今後も基盤産業から先端産業までキーマテリアルとキーコンポネンツで

長岡の地から皆様のお役に立てる企業として成長して参ります。

 

株式会社トクサイ 代表取締役

外岡 幸隆

 

◉紛争鉱物に対する考え方

 

トクサイは人道的な観点から、コンゴ民主共和国及びその近隣周辺地域で産出された紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、錫)を使用しない方針です。

調達取引先に対してはEICC紛争鉱物報告テンプレート(EICC/GeSI様式)を用いて紛争鉱物の使用状況や製錬所調査を継続的に実施しております。

 

© 2017 TOKUSAI TungMoly Co., LTD.  All Rights Reserved.

◉会社概要

 設立年月日

1950年9月1日(株式会社 特殊細線研究所)

 社名

株式会社 トクサイ(TOKUSAI TungMoly Co., LTD.)

 代表者

外岡 幸隆

 本社所在地

〒940-1164  新潟県長岡市南陽1-1027-6

TEL. 0258-22-2171   FAX. 0258-22-2180

 事業内容

各種金属および各種合金の伸線加工

 

伸線・加工品の製造・販売

 資本金

33.5百万円

 従業員

90名 (2017年1月現在)

◉会社沿革

 1950

東京都品川区で創業  株式会社 特殊細線研究所

 1956

 1967

 1971

 1973

大田区に矢口工場

同 東蔵王工場

長岡市に寿町工場

東蔵王工場増築

 1984

 1990

東蔵王第二工場

長岡市南陽町 新工場移転

 1991

社名変更 「株式会社 トクサイ」

 1997

 1998

長岡工場増築

ISO9002 認証取得

 2000

長ワイヤー加工製品、新素材応用への取組み開始

 2003

ISO9001 認証取得長岡に

 2009

本社業務を統合

 2012

 2016

WMo線・ピン棒・クラット製造開始

エントランスをリニューアル 創業から現在

そして未来へ続く製品をご紹介

 現在に至る

◉経営理念

 

株式会社トクサイは人間尊重の立場に立って顧客、協力会社、従業員並びにその家族を大切にすることを基本として、トクサイの持つ細線技術のより高度化、先端化、応用化を追及し続け、世の中の人々に光のある豊かな生活を提供することをめざします。

 

◉経営方針

 

1.顧客第一、消費者志向に徹する。

2.国際視野にたって企業経営を行う。

3.社員に自己実現の場を与え、資質を最大限に発揮させる。

4.伝統あるシステム技術を駆使し時代の先取りを行う。

5.公害並びに災害をなくし自然との調和をはかる。

6.公正な利潤を確保し、株主・社員および社会に報いる。

 

◉社長メッセージ

 

社名のトクサイという名の起源は、特殊細線研究所にあります。独自の技術で味付けされた極細線伸線加工技術が、脈々とDNAとして現在に受け継がれています。

用途としてランプという生活に密着した製品に始まり、半導体・電子部品・各種産業機器・宇宙・医療へと裾野を広げて参りました。

技術的には伸線から発展し、更に表面処理・部品加工へと進化を続けています。

今後も基盤産業から先端産業までキーマテリアルキーコンポネンツで長岡の地から皆様のお役に立てる企業として成長して参ります。

 

株式会社トクサイ 代表取締役

外岡 幸隆

 

◉紛争鉱物に対する考え方

 

トクサイは人道的な観点から、コンゴ民主共和国及びその近隣周辺地域で産出された紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、錫)を使用しない方針です。

調達取引先に対してはEICC紛争鉱物報告テンプレート(EICC/GeSI様式)を用いて紛争鉱物の使用状況や製錬所調査を継続的に実施しております。

 

© 2017 TOKUSAI TungMoly Co., LTD.  All Rights Reserved.

◉会社概要

設立年月日 1950年9月1日

 (株式会社 特殊細線研究所)

 

社名 株式会社 トクサイ

 (TOKUSAI TungMoly Co., LTD.)

 

代表者 外岡 幸隆

 

本社所在地 >アクセス

 〒940-1164 新潟県長岡市南陽1-1027-6

 TEL.0258-22-2171 FAX.0258-22-2180

 

事業内容

 各種金属および各種合金の伸線加工

 伸線・加工品の製造・販売

 

資本金 33.5百万円

 

従業員 90名(2017年1月現在)

◉会社沿革

1950 東京都品川区で創業

0000 株式会社 特殊細線研究所

 

1956 大田区長岡市に寿町工場

 

1971 同 東蔵王工場

 

1973 東蔵王工場増築

 

1984 東蔵王第二工場

 

1990 長岡市南陽 新工場移転

 

1991 社名変更 「株式会社 トクサイ」

 

1997 長岡工場増築

 

1998 ISO9002 認証取得

 

2000 ワイヤー加工製品、新素材応用への0000   取組み開始

 

2003 ISO9001 認証取得

 

2009 長岡に本社業務を統合

 

2012 WMo線・ピン棒・クラット製造開始

 

2016 エントランスをリニューアル

0000 創業から現在そして未来へ続く製品0000   をご紹介

 

現在に至る

◉経営理念

株式会社トクサイは人間尊重の立場に立って顧客、協力会社、従業員並びにその家族を大切にすることを基本として、トクサイの持つ細線技術のより高度化、先端化、応用化を追及し続け、世の中の人々に光のある豊かな生活を提供することをめざします。

◉経営方針

1.顧客第一、消費者志向に徹する。

 

2.国際視野にたって企業経営を行う。

 

3.社員に自己実現の場を与え、

0.資質を最大限に発揮させる。

 

4.伝統あるシステム技術を駆使し

0.時代の先取りを行う。

 

5.公害並びに災害をなくし

0.自然との調和をはかる。

 

6.公正な利潤を確保し、

0.株主・社員および社会に報いる。

◉社長メッセージ

社名のトクサイという名の起源は、特殊細線研究所にあります。独自の技術で味付けされた極細線伸線加工技術が、脈々とDNAとして現在に受け継がれています。

用途としてランプという生活に密着した製品に始まり、半導体・電子部品・各種産業機器・宇宙・医療へと裾野を広げて参りました。

技術的には伸線から発展し、更に表面処理・部品加工へと進化を続けています。

今後も基盤産業から先端産業までキーマテリアルキーコンポネンツで長岡の地から皆様のお役に立てる企業として成長して参ります。

 

株式会社トクサイ 代表取締役

外岡 幸隆

◉紛争鉱物に対する考え方

トクサイは人道的な観点から、コンゴ民主共和国及びその近隣周辺地域で産出された紛争鉱物(金、タンタル、タングステン、錫)を使用しない方針です。

調達取引先に対してはEICC紛争鉱物報告テンプレート(EICC/GeSI様式)を用いて紛争鉱物の使用状況や製錬所調査を継続的に実施しております。

© 2017 TOKUSAI TungMoly Co., LTD.  All Rights Reserved.